1910年に創業、35年にはUpsala Ekebyに買収され、それでもなお製造を続けた

GEFLE/ゲフレ社のAGNETAのカップです。

gefle,agneta

 

 

柔らかい印象を与えるスタンププリント

少しレトロな雰囲気を感じるこのAGNETAシリーズは、

手にとってみるとわかるんですが、スタンププリントになっています。

そのため、スタンプをした際のムラや、かすれなどがあり、

それが優しい印象を与えているようです。

柄の色もシルバーよりのグレーのような優しい色合いで上品な雰囲気の作品になっています。

gefle,agneta

 北欧の老舗陶器メーカーの歴史(GEFLE)

 

北欧の有名な陶器メーカーは合併や買収が行われ、

今ではすでにこの世にないメーカーもとても多くあります。

あのアラビアでさえ、イッタラの傘下ですし、今回紹介したGEFLEも例外ではありません。

GEFLEは1910年にスウェーデンで誕生。しかし1935年にはUpsala Ekebyに買収されました。

しかしながら、GEFLEの名で1979年まで食器を製造し続けました。

市場ではGEFLE=Upsala Ekebyという扱いになっていますが、

この食器をみたとき、Upsala Ekebyとは違う印象を受けました。

今回のアグネッタのデザイナーは私が調べた限りではわかりませんでしたが、

GEFLEの食器を作っていたデザイナーや職人はGEFLEという名前に誇りをもって

製造を続けていたのかもしれません。

 

 

おすすめの記事