北欧食器が大好きになったきっかけ

私が北欧食器に魅せられていくきっかけともいえる、私にとっての最初の食器、RUSKA(ルスカ)をまず最初に紹介したいと思います。

ruska(ルスカ)シリーズルスカは比較的手に入りやすく、日本の食卓にも非常によく馴染みます。
ビンテージ北欧食器の中でも王道といえるシリーズです。

結婚前に主人の部屋に置いてあったのが、ルスカとの出会いでした。そのときはさして感動したわけではなかったのですが、気づいたら大量のルスカに囲まれていました。使ってみると非常に使いやすくて驚きます。すでに使っていた食器との相性もいい。レンジにオーブンまでOK。文句なしの食器でした。マットな雰囲気なので、ビンテージ食器に多いスクラッチ跡なども少なめで状態のいいものが多いのも魅力的です。

紅葉という意味をもつルスカですが、まさに紅葉した葉のようにどれひとつとして同じものはなく、コレクターの方は黒いのがとか、色が茶色っぽいのを探している、という方がいるようです。私個人としては、中間のムラになったくらいのいかにもルスカらしいルスカが好きですね。

デザイナー

ulla procope/ウラ・プロコッペ

年代

1960~1990年代

メーカー

アラビア社

名前の意味

フィンランドで紅葉

 

 

ARABIA/Tunturi【アラビア トゥントゥリ コーヒーカップ】 ONLINE STORE
アラビア,tunturi

ARABIA/Tunturi【アラビア トゥントゥリ コーヒーカップ】オンラインショッピングページはこちら

おすすめの記事