TENERA

ファイアンス焼きで作られた独特な味わいのTENERA(テネラ)BACA(バッカ)

 

 BACA・TENERAシリーズについて

BACA TENERA

BACA TENERA

ロイヤルコペンハーゲンというともっと華奢で上品な食器をイメージする方が多いかと思います。

今日紹介しているのはファイアンス焼きという方法で製造された、ロイヤルコペンハーゲンの中では少し異端な食器です。

 

2017.09.07 入荷情報アリ

  • ロイヤルコペンハーゲン テネラ(TENERA)シリーズ入荷!

(10/17 BACAとTENERA入荷しました!!)

TENERAとBACAのシリーズはNils Thorsson(ニルス・トーソン)がプロデュースした彼の代表作です。

TENERAシリーズは6人の女性がデザインを担当していて、全体的に華やかな雰囲気があります。

一方BACAシリーズは少し抽象的なイメージで、デザイナーはニルス・トーソン含めて男性ばかり4人。

どちらも非常に魅力的で、迫力満点です。

また改めて詳しく書いていきたいと思っています。

 

Kari Christensen / カリ・クリステンセン”CK”

tenera カリクリステンセン

tenera カリクリステンセン

今回紹介しているのは、TENERA(テネラ)シリーズのKari Christensen / カリ・クリステンセンデザインのプレートです。

デザインされているのは花でしょうか。

ファイアンス窯ならではの色と、繊細な絵付けで非常に美しい色のプレートとなっています。

また、プレートの裏面には絵付師さんの描いたサインとロイヤルコペンハーゲンの刻印があります。

COPENHAHGENというアルファベットのどれかの下にアンダーバーがついていて、これが作られた年代がわかるようになっています。

”CK”とみえるのが、カリクリステンセンのマークです。

番号はシリアルナンバーかと思ったのですが、デザインの番号のようです。

こちらのバックスタンプ、刻印には説明したいことがたくさんありますので、また改めて。。。

刻印 バックススタンプ 

刻印 バックススタンプ

 

 

 

 

デザイナー

Kari Christensen / カリ・クリステンセン

年代

1960年代

メーカー

ロイヤルコペンハーゲン

シリーズ名

TENERA

 

 

 

ALKU ONLINE STORE

当ブログで紹介している食器をはじめ、北欧ビンテージ食器を中心に販売しています。古い食器たちとの出会いを大切にしています。

 

 

おすすめの記事