こんにちは。

 

11月に入り、お店にはたくさんのクリスマスの飾りがでていますね。

クリスマスツリーはもちろん素敵ですが、

今年は北欧ヴィンテージのクリスマスプレートも飾ってみてはいかがでしょうか?

 

北欧の冬は、陽が短く、極寒です。

そんな冬を楽しく乗り切るために、北欧デザインは明るい色が多く用いられています。

もちろん、クリスマスも盛大に祝われていますよ。

ご存知の通り、サンタクロースの故郷は北欧フィンランドです。

サンタクロース村、ぜひ行ってみたいです。

 

さて、ALKUで取り扱っているアラビア、グスタフスベリ、ロールストランド、

ロイヤルコペンハーゲン、どこも過去にクリスマスプレートを発売してます。

だいたいは、その年限定で発売されています。

ロイヤルコペンハーゲンは今でも毎年発売されています。今年でなんと111枚目だそうです。

 

ALKUでは、アラビア、グスタフスベリのクリスマスプレートが入荷しております。

アラビア,クリスマスプレート

1979年にアラビア社から発売されました。

当時は箱に切ってを貼るスペースや、住所を書く欄があり、

クリスマスカードとして送れるようになっていたようです。

5パターンありますが、今在庫があるのは、5番のトントゥたちがおもちゃを運んでいるところです。

向こうにサンタクロースも見えますね。

トントゥはサンタの手伝いをする小人のことです。

日本ではあまり登場しませんが、北欧ではサンタよりトントゥをモチーフにした飾りが多いようです。

グスタフスベリ,クリスマスプレート

こちらはグスタフスベリのクリスマスプレートです。

1971年~1985年まで毎年作られました。

71年~80年まではSven Jonson(スヴェン・ヨンソン)がデザインし、

81年~85年まではStig Lindberg(スティグ・リンドベリ)がデザインしています。

雰囲気もタッチも全く違う2人のデザイナーの作品ですが、どちらもクリスマスを盛り上げてくれること間違いありません。

ALKUには現在、5枚残っています。

 

 

 

今年のクリスマスのインテリアにいかがでしょうか。

生まれ年のクリスマスプレートを大切な方に送るのもお勧めです。



ALKU ONLINE STORE

当ブログで紹介している食器をはじめ、北欧ビンテージ食器を中心に販売しています。古い食器たちとの出会いを大切にしています。

 

 

おすすめの記事